あなたの「美白ケア」間違っていませんか? 正しく知って効果的なアプローチを!

夏が終わると気になるのは、やっぱり日焼けのコト。

夏の間に浴びた日光がシミになりそうでコワイ…
日焼けした肌はいつ元に戻る?
ファンデーションをあと1トーン明るく出来たらいいのに。

鏡を見るたびにそんなことを考えてしまうのが女のサガですが、様々な美白化粧品が発売されていて、どれを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

美白を制するには、まず『シミが出来る仕組み』を知ることが大切です! 適切な美白ケアで、効果的なシミの予防・改善や肌のトーンアップを目指しましょう。

美白化粧品は“新しいシミを作らない”予防アイテム

シミと言えばメラニン色素。美白を目指す女子にとっては憎き存在のように思えますが、実は肌の奥に紫外線が届かないように守ってくれる存在です。

メラニンがなければ紫外線ダメージでボロボロ肌になるし、白髪も増えてしまいます(髪の黒さもメラニンです)。健やかな肌と髪にとってメラニンは必要なボディガードなのです。

では、メラニンはどうやって出来るのでしょうか。

図:ドクターシーラボHP「メラニン色素の役割と生成メカニズムとは」より転載

紫外線を浴びると、肌の表面で『①活性酸素が発生』します。活性酸素は細胞を守ってくれる存在ですが、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまいます。

このダメージから肌を守ろうとするのが『②情報伝達物質』。メラノサイトという細胞に「メラニン色素を出して肌を守りなさい!」と指示します。

メラノサイトは酵素『③チロシナーゼを活性化』し、チロシン(アミノ酸の一種)をメラニンに変えます。

この「情報伝達物質」や「チロシナーゼを活性化」を妨ぐことのできる物質が、厚生労働省が認可している『美白有効成分』。

お手元に美白化粧品があったら見てみてください。例えば「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」などと記載されていますね。つまり、私達が購入するものはメラニンが生成される前の段階でストップさせる化粧品なんです。

『すでにあるシミを消す』のではなく『新しいシミを作らない』ように予防していると理解して、使ってくださいね。

“すでに出来てしまったシミ”はどうする?

メラニンは肌を守る役割をしていますが、ターンオーバーによって細胞と共に剥がれ落ちるため、一時的な日焼けであればターンオーバーの周期(約28日)で元の肌色に戻ります。


図:第一三共ヘルスケアHP「シミのメカニズム」より転載

しかし、何らかの理由でメラニンがたくさん生成されて剥がれ落ちない場合があります。これがシミの正体です!

例えば、長期間紫外線を浴びた場合。メラノサイトの数が増加するためメラニンの生成が活発になります。

また、ストレスや肌への刺激によってターンオーバー周期が乱れた場合も、肌の新陳代謝が鈍り、表皮にメラニンが長く居残る事に。

シミを消すためには『A.メラニンが活発に生成されるのを抑える』『B.ターンオーバーを正常にする』2つの働きかけが必要になります。

Aには美白化粧品が効果を発揮しますが、すでに出来てしまったシミにはBの『ターンオーバーを正常にする』ケアが必要なのです。

ターンオーバーを整えるには?

大事なのは生活習慣。ストレスを発散し、睡眠をよく取り、しっかり食事で栄養素を摂ること。保湿と紫外線の予防も忘れずに。

ビタミンA、C、B6、E、亜鉛などが新陳代謝を促進すると言われています。特にビタミンCは水溶性で体に溜め込むのが難しいので、こまめに摂取することがポイント。

ターンオーバーを促進する化粧品もありますが、ゴシゴシと肌をこするようなケアは逆効果。表皮がボロボロで弱い状態だと、紫外線から守るためにさらにメラニンをたくさん生成してしまいます。

シミができてしまうと、今すぐどうにかしたい!という気持ちになりますが、残念ながら一瞬で消えるものではありません。肌を漂白するほどの強い成分は、自己判断で購入使用することが出来ないので、どうしても気になる人は美容皮膚科に相談してみましょう。

次回は、シミ予防に使われる「美白有効成分」をひとつずつ具体的にご紹介します!

この記事を書いた人

ルーチェのTwitterアカウント

Twitterやってます!記事の更新情報や、たまにプレゼント企画もあります。ぜひフォローくださいませ! → https://twitter.com/ruce_web

同じカテゴリの記事