何度塗ってもカサカサ…リップクリームの使い方、間違えていませんか?

唇は顔の中でも比較的目立ちやすい部位。カサカサしていると、とっても気になりますよね。

リップクリームを何度塗っても唇がカサカサ…という場合は、リップクリームの使い方が間違っているかもしれません。正しく保湿して、いつも魅力的な唇をキープしましょう!

リップクリームの塗り方

唇は他の皮膚と比べてとても薄いため、乾燥が進むとカサカサするだけでなく皮が剥けてしまうことも。デリケートな部位ということを理解して、丁寧にケアすることが大切です。

●強くこすらない
リップクリームや口紅を強くこするのもダメージのひとつ。滑らせるだけで塗れるくらい、柔らかいテクスチャーのものを使うのがおすすめです。固めの場合は指にとって少し温め、柔らかくしてから塗りましょう。

●成分にも注意
リップクリームや口紅の成分が唇に合っていない可能性もあります。香料にかぶれている場合もあるとか。無添加・オーガニックでも合わない人もいます。他に理由が考えられない場合は、リップクリームを変えてみても良いかもしれません。

ちなみに私はhinagikuさんに教えてもらったジョンマスターズオーガニックのシトラスが合っていたようで、すっかり唇カサカサから解放されました!

ダメージを与えない

唇の皮が剥けた時のガサガサした感じ。すごーく気になって、つい触ってしまいがちです。でも待って! 剥けた唇の皮を引っ張ったり剥いたりするのが、唇にとって最大のダメージなんです。

皮剥けを繰り返したくないのなら、引っ張ったり剥いたりするのは絶対にNG。唇の皮のターンオーバーを待ってあげて。気になるけど我慢!!

寒い季節はキムチ鍋など辛いものを食べる機会が多くなりますが、唐辛子の辛味成分(カプサイシン)なども唇への刺激になるので注意しましょう。拭うときはゴシゴシこすらず優しく。

それでもカサカサが治らない場合は?

リップクリームは唇のカサカサを修復するものではなく、乾燥を予防するものです。これを理解していないと、なかなかカサカサとお別れできません。

乳液やクリームを塗るのと同じ感覚で、「乾燥したら塗る」のではなく「乾燥する前に塗って保護する」と思ってください。唇は乾燥しやすいだけでなく、リップクリームを塗っても飲食などで取れてしまいがちなので、1日に何度か塗り直しましょう。私は仕事中もデスク上に置いて、気になったらすぐに塗れるようにしています。

ケアが行き届いて唇が健やかになると、1日に3〜4回塗る程度で済むようになります。あくまでも乾燥予防なので、頻繁に塗り直しても「塗る=潤う」にはならないことをお忘れなく〜。

正しいリップケアで、この冬からうるうるの唇をキープしましょう!

この記事を書いた人

ルーチェのTwitterアカウント

Twitterやってます!記事の更新情報や、たまにプレゼント企画もあります。ぜひフォローくださいませ! → https://twitter.com/ruce_web

同じカテゴリの記事