ビタミンC誘導体、どれがイイの?

美白やニキビ対策で注目を集めるビタミンCですが、ビタミンC誘導体はいくつも種類があって、何を選べばいいやら?難しいですよね。今回はビタミンC誘導体について説明します。化学のお話はごちゃごちゃして分かりにくいかな?と思ったのでバッサリ省略して、特徴だけピックアップする形で羅列しますね。スキンケア選びの参考になれば幸いです。

アスコルビン酸って何?

ビタミンCというのは栄養素としての名前。化学ではアスコルビン酸という名前を使います。「アスコルビン酸を摂取すると、体内でビタミンCとして働く」とイメージして貰えれば良いと思います。成分表記に「L-アスコルビン酸」と書いてある場合もあります。

ビタミンCに期待できること

以前の「美白成分の記事」で紹介した通り、現在ではさまざまな「美白成分」が商品化されていますが、その多くはシミ予防・・・つまり「シミ予備軍をシミにさせない」という効果であって、すでにあるシミには効果が無いことが分かりました。
ビタミンCはそれだけでなく、
・メラニンの生成を抑える(シミ予防)
・メラニンを薄くする(シミを薄くする)
という、すでにあるシミに対してもアプローチしてくれる頼もしい成分です。またメラニンへのアプローチだけでなく、
・コラーゲン産生促進効果(ハリ)
・抗酸化作用(ニキビの炎症を抑える)
・皮脂抑制(アクネ菌の餌になる皮脂を減らす)
などの効果もあります。なんだか万能に思えますよね~。

ビタミンCの弱点

頼もしいビタミンCにも、弱点があります。

そのままでは皮膚に浸透しない

通常のビタミンCは、肌の角質層を突破できないので、皮膚に浸透することが出来ません。顔にビタミンCを塗っても、入って行かないのです。

不安定

ビタミンCは水や熱や光に対して壊れやすく、長期保存に向かない不安定な成分。化粧水の瓶の中でビタミンCが壊れてしまったら、肌に塗っても効果が得られません。

肌への刺激

ビタミンCには還元する力があります。変色したリンゴにビタミンCを塗ると本来の色に近づきます。このビタミンCの還元作用が、肌の色を本来の色に戻す(還元する)のです。ですが、ビタミンCの還元作用は強力なので、肌に刺激を感じやすいのです。

乾燥しやすい
ビタミンCは皮脂の分泌を抑制する働きがあり、皮脂を餌にするアクネ菌の活動を抑制するので、ニキビ対策にビタミンCの効果が認められています。ですが皮脂の分泌が抑制されると肌が乾燥し、乾燥が進み常態化すると、乾燥性敏感肌になるおそれも。乾燥肌の人が使用すると、更に乾燥が進みやすくなるので注意が必要です。

だからビタミンC誘導体が開発された!

有能だけど、過敏でトゲトゲしたビタミンC。そんなビタミンCの弱点を補うため、ビタミンCの分子を変化させたものが「ビタミンC誘導体」という成分。浸透しやすく、不安定さを補い、刺激を抑え、肌に塗るためにより良い形に変化させた、化学の成果なんです。簡単に言えば「肌に浸透してからビタミンCになる、ビタミンCの卵」みたいなイメージですね。
ビタミンC誘導体もさまざまな種類があり、進化し続けています。皮膚科で処方されたり、市販されている主なビタミンC誘導体を種類別に紹介しますので、どれを使うか参考にしてくださいませ!

水溶性ビタミンC誘導体

水に溶けるので化粧水に含有されていることが多いものの、刺激や乾燥を感じやすい傾向があります。

アスコルビルリン酸Na(APS)
古くから皮膚科で調剤されているため副作用に関する情報も多く、多くの治験報告によってエビデンスレベルが高いと言えます。この成分を5%配合した化粧水が、ニキビに対して有効であることが報告されています。

皮膚科ではニキビ治療のために5%以上の濃度が配合されることが多いですが、効果がある反面、刺激性があり乾燥しやすいので注意。

アスコルビルリン酸Mg(APM)

アスタリフト ホワイトの美容液に含まれているビタミンC誘導体がコレ。APSとほぼ同じなので、APSとAPMで肌に合う方を使うのがgood。

2-O-グリセリルアスコルビン酸(VC-2G)

APSやAPMにあるリン酸の代わりにグリセリンが入っているので、比較的刺激や乾燥が抑えられる。

3-O-グリセリルアスコルビン酸(VCグリセリル)

こちらもグリセリンが含まれるので、刺激や乾燥が抑えられています。

ビスグリセリルアスコルビン酸(VC-DG)

VC-2GやVCグリセリルよりも更に安定性が高く、刺激が抑えられている成分。

3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)

皮膚上で酵素との反応が必要だった他のビタミンC誘導体と違い、そのままの形で皮膚内に作用する成分。そのため即効性や浸透性が強い。他のビタミンC誘導体が7時間程度かけて徐々に分解されビタミンCになるのに対し、VCエチルは72時間かけてビタミンCに変換されるので、即効性と持続性を兼ね備えた成分と言えます。またpH調整されていない40℃の水の中でも9割程度残存するので、安定性も非常に高いですが、稀に刺激を感じる人も居るので、肌に合うならオススメ。

アスコルビン酸2-グルコシド(AA-2G)

美白成分としては効果が低いと言われている(肌表面でグルコシドを分解する酵素が少ないため、塗布では効果を発揮しにくいという理由)。また白斑の副作用の報告例があるものの、この成分が直接の原因かはまだ不明で、報告数が少数なので、なんとも言えない感じです。

油溶性ビタミンC誘導体

油溶性はクリームなどに配合されていることが多く、皮膚には皮脂のバリアがあるため、水溶性よりも皮膚に吸収する効率が良い性質。水溶性よりも肌との相性が良く、比較的乾燥しにくい・刺激が少ないです。

パルミチン酸アスコルビル
皮膚内のエステラーゼという酵素によって、ビタミンCと脂肪酸に分解。水溶性ビタミンC誘導体よりも吸収率が高く、以前は海外のクリームに添加されていました(近年は後述のVC-IPが主流です)。

今はサプリとして売られているのをご存知の方が多いかもしれません。ライナス・ポーリング研究所の資料にビタミンCサプリの項目があり、この成分について言及されています。大雑把に訳しますと、吸収される前にほとんどが消化管内で分解される可能性が高く、ビタミンCとして体内で働く可能性は低いとのこと。またサプリメントに関しては、どのビタミンC・ビタミンC誘導体をサプリとして摂取しても、効果に差は無いとも言及されています。参考までに。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
ケイコ先生イチオシのビタミンC誘導体。
皮膚内のエステラーゼという酵素によって、ビタミンCと脂肪酸に分解されます。
刺激性の低い脂肪酸を付けた誘導体なので、乾燥せず保湿性が高いのが特徴。クリームや乳液、オイルに混合できますが、基本的には水と混ざりません。この成分をナノ化した分散体(NET VC-IP)であれば、化粧水へ配合することが可能です。
安定性は非常に高く、油溶性のために経皮吸収率に優れています。分解されるまで時間がかかるために、遅効型のビタミンC誘導体と言われています。臨床的にはメラニン産生抑制、脂質の過酸化防止、コラーゲン合成の促進、紫外線(UV-B)による細胞障害の抑制、皮膚癌の転移抑制、ニキビの抑制効果が認められています。

刺激性がほとんどなく、保湿性が高いので、敏感肌・乾燥肌にオススメですが、ごく稀に赤みやアレルギー症状が出る人もいるので、使い始めは肌の様子を見ましょう。

両親媒性ビタミンC誘導体

水溶性の性質と油溶性の両方を併せ持ったビタミンC誘導体。水にも油にも溶け、油溶性の性質を持つことから吸収率が非常に高いのが特徴です。

パルミチン酸アスコルビン酸3Na(APPS)
2000年に昭和電工というメーカーが開発し、それまでのビタミンC誘導体の100倍吸収されるとして話題になってから、現在でも強力なビタミンC誘導体として知名度があります。浸透率の高さが有名ですが、刺激や乾燥が少なく、皮膚科でも多く処方されています。
そんなに優秀なAPPSですが、大きな弱点があります。APPSはビタミンC誘導体の中で、最も不安定なのです。APPSが安定するのは弱アルカリ性(pH7.5~8)ですが、水溶液中でAPPSの分解が進んでパルチミン酸が出てくると、pHが酸性になって行くので、さらに不安定になります。分解でパルチミン酸が外れてしまうと「両親媒性」ではなくなり、APPSが誇る高い浸透率も失ってしまいます。強いけど長持ちしない性質です。
皮膚科では調合して間もない物を買う事が出来ますが、それでも「冷蔵保存で1ヶ月以内に使い切って」と念を押されます。私が購入していた皮膚科では、夏は保冷剤を付けてくれました。そのくらい弱いものなので、市販されているAPPS配合の化粧水などは、購入するまでにどの程度分解が進んでいるのか・・・私にはちょっと疑問です。何か工夫があるんですかね?

ビタミンC誘導体の中でも圧倒的な浸透率を誇るAPPSですが、厚生省が美白効果を認可していないのは、この「不安定だから」という理由です。APPSの高い浸透率を享受するなら、作りたてのものを1ヶ月以内に使うのがベターですが、APPSの粉末を購入して、毎日あるいは1週間ごとに作って使い切るのがベストです。もちろん冷蔵保存してくださいね。

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)
皮膚上でビタミンCに変換するために、APPSが2つの酵素が必要なのに対し、APISは1つで済むため、単純にAPPSの倍だと考えて「APPSは浸透率100倍ですが、APISは200倍!」と謳っている広告をよく見ます。ですが、これは頭の中の算数でしかないので・・・実際にAPPSの2倍だという保証はありません。APPSと同様に分解しやすいので、APISもAPPSと同程度の浸透率ではないか?という意見もあります。

APISはイソステアリルアルコールが含まれており、一部でアレルギー性の報告もあるので、APPSよりも少しだけ安全性は低いと考えられます。毒性は低いのでそんなに心配する必要はありませんが、使用する場合は、肌の調子をよく観察した方が良いでしょう。更に研究が進んで、APPSの進化版だと明言されるようになると良いですね~。

カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸・グリセリルオクチルアスコルビン酸(GO-VC)
リン酸ナトリウムを含まずグリセリンを含むので乾燥しにくく、pH5・50℃の水溶液中で90日間経過しても9割が残存する安定性の高さが特徴。強いメラニン抑制作用があり、線維芽細胞賦活作用やⅠ型コラーゲン産生促進作用(たるみ・シワの予防改善)があり、オクタノールが含まれているので抗菌作用(抗アクネ効果)があります。

夢のような新型ビタミンC誘導体で、先進的な皮膚科さんではジェルやクリームで調合販売しているようですが・・・まだまだ新しい成分で検証が十分でないため、安全性は不明です。使用する場合は、購入した皮膚科さんに定期的に診ていただくなど、様子を見ながら使うと良いと思います。私はもう少し研究報告などが出揃うまで様子見かな~と思っています。

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(VC-MG)

VC-MGは界面活性作用もあり、乳化剤(O/W型)としても使えるビタミンC誘導体。つまりクリーム状にするために他の乳化剤を添加する必要が無いということ。HABA(ハーバー研究所)がこの作用を活用した「ビタミンC乳化法」で、乳化剤フリーのクリームを製造しています。ミリスチン酸は酸化もしにくく、安全性は高いようです。開発されて数年しか経過していないので、まだあまり見かけないかも。これからに期待ですね。

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(VC-3LG)

抗酸化作用とセラミド合成促進作用がある新しいビタミンC誘導体。これもVC-MGと同様に、開発から間もなくデータが少ないので、今後に期待です。

さいごに

ビタミンC誘導体は名前も長く、似たような名前が多いので、混乱しやすいと思います。ですが暗記する必要は無いので、買う前に「これはどういう特徴のビタミンC誘導体だっけ?」と、このページの存在を思い出して貰えたらいいなと思います。

それぞれのビタミンC誘導体に特徴があって、単純にランキングは作れませんが、ここから先は私の個人的な意見なので、ひとつの声として読み流してください。

高濃度の物が欲しい人は、

皮膚科で調剤販売しているものを買うのが確実ですが、近くに売ってる皮膚科が無い、通う時間が無いという人もいると思います。購入しやすい市販の化粧品は、安全基準が厳しく「長期間成分が変質しない」ことが必須なので、濃度はあまり期待できません。皮膚科に行く手間をかけても高濃度か、濃度が低くても簡単に買える市販品か、ライフスタイルに合う方を選べば良いと思います。

もうひとつの手段は、原料を自分で購入して化粧水やクリームを作ること。原料はネット通販で買えるものが多いですし、濃度は自分で調整できますが、自分で作るという手間がデメリット。雑菌が入らないよう殺菌消毒したり、分量を量ったりというのが苦痛じゃない人にはオススメです。

乾燥しやすい人に

どれをオススメすればいいかな?と、ずーっと考えていたのですが、「すごく乾燥する・かなり敏感」という人には、そもそもビタミンC誘導体はオススメしません。ビタミンC誘導体の中で比べれば乾燥しにくいという物もありますが、全体的にビタミンCは乾燥しやすい性質です。美白成分は他にもたくさんありますし、保湿して乾燥肌を改善することで、肌のターンオーバーを正常にすれば、少しずつですが肌の色も元に戻って行きます。ニキビにも他のアプローチ方法があるので、ビタミンCにこだわる必要はありません。しいて言えば、個人的な意見ですが、刺激が少なくて乾燥しづらく、美白とニキビに効果があるVC-IPがベターだと思います。

私の肌がいちばん良かった時期は、皮膚科のAPPSローションで毎晩コットンパックしていた時期で、APPS塗布後にしっかり保湿することがベストだと感じています。APPSを塗ったあとは、保湿しないとかなり乾燥します。市販の化粧水って肌に優しいんだなぁと、しみじみ思うレベルです。
今では1週間ごとにスキンケアを自宅で作って冷蔵保存しているので、化粧水にAPPS、オイルにVC-IPを入れています。効果を求めるなら鮮度の良いAPPSが今でもベストですし、浸透率の良い油溶性で徐々に長時間反応するVC-IPも個人的に好きです。
APPS入り化粧水を自宅で作る場合は、APPS原末(アプレシエ)と書いてある原料を買ってみてください。「原末」というのは「原料の粉」という意味なので、省略されている場合もあります。参考までですが、私はトゥヴェールさんで購入してます。商品を見て品質管理が丁寧だなと感じて、説明にオーバーな広告が無いのが好みです。気になる方は検索してみてくださいね。

この記事を書いた人

ルーチェのTwitterアカウント

Twitterやってます!記事の更新情報や、たまにプレゼント企画もあります。ぜひフォローくださいませ! → https://twitter.com/ruce_web

同じカテゴリの記事